相続対策についてのページです。
神戸修税理士事務所は、あなたの経営パートナーとして、貴社の繁栄のため、お役に立ちたいと考えております。
税務に関するご相談などお気軽にお問い合わせください。

相続対策について

その1 今相続が発生した場合の相続税を知る

今相続が発生した場合の相続税を知る為には

(イ)遺産の推定額を算出する

<方法>
不動産 財産評価をする。(税理士に依頼しよう!)
預貯金 金融機関ごとに一覧表を作成する
有価証券 調査日の価格で評価し一覧表にする。
保険等 被相続人が被保険者の保険は→死亡保険金
それ以外は→解約一時金
美術品等 価値のありそうな物品を表に書き出す。
貸付金・借入金 残高の把握をする。

(ロ)推定相続人を確定する。

(イ)・(ロ)により、相続人全員の負担すべき相続税の概算が算出できます。
相続人個々の納付額は、相続する財産の比率により按分されます。

このページのTOPへ戻る

 

その2 推定遺産の内、納税に充てることができる財産を算出する

預貯金や上場株式や死亡保険金 等々です

このページのTOPへ戻る

 

その3:概算相続税<その2の合計額

この場合は贈与等により少しづつ財産の移転をしていくことにより納付額を減らしていけば良いでしょう。
(詳しくは、税理士に相談しよう!)

このページのTOPへ戻る

 

その4:概算相続税>その2の合計額

この場合はこのまま相続が発生すると、先祖伝来の不動産等を売却しなければ納付資金は捻出できないでしょう。
その前に、思い切った節税対策に踏み込む必要があるでしょう!
(詳しくは、税理士に相談しよう!)

このページのTOPへ戻る

 

参考

<相続対策の一例>

  1. 預貯金の贈与
  2. 購入後、評価の下がる資産の取得
  3. bに合わせ多額の借入金を発生させる
  4. 生命保険等による、臨時の納税資金を準備する
  5. 土地等は、その活用方法を変更することで大幅に評価が下がる場合があります
  6. 養子縁組をしておく
  7. etc.

このページのTOPへ戻る

お問合せはこちら