保険で節税のページです。
神戸修税理士事務所は、あなたの経営パートナーとして、貴社の繁栄のため、お役に立ちたいと考えております。
税務に関するご相談などお気軽にお問い合わせください。

保険で財務戦略

保険は、その掛け方を工夫することにより財務体質強化に大きく貢献します。
逆に、その掛け方を誤ると資金繰り悪化の原因になることもあります。

保険と税金に精通している税理士に相談すると良いでしょう。

個人営業と法人とでは掛け方も変えるべきです。
保険の目的を絞ることにより必要な保険の種類が決まってきます。
必要以上の保険に入るのは、無駄なだけです。
保険で節税

個人の場合の例

遺族に残したい費消可能財産(遺族の生活費に充てるための現預金)が5,000万円とした場合には
5,000万円以上の保険に加入する必要は無いわけです。
また、この場合預金が2,000万円あるとしたら保険は3,000万円で良いわけです。
それを4,000万円の保険に加入しているとしたら、1,000万円分余計な保険であり
その掛金が資金繰りを悪化させる原因の一つになっているのです。

法人の場合の例

  1. 社長さんが個人で入っている生命保険を必要最低限に絞り(相続税の非課税枠等)月々の支払いを圧縮する。
    そして圧縮された分役員報酬を下げると、社長さんの所得税の負担は軽減されます。
  2. その上で、法人契約・法人受取・被保険者を社長さんとした生命保険に入ると、
    その掛金は必要経費にすることができます。(形態によってはできません)
  3. そして、社長さんにもしものことがあった場合、通常は多額の死亡退職金を支払います。
その時に2の生命保険が会社に入り会社の資産を取り崩さず死亡退職金が支払えます。
また、死亡退職金にも相続税の非課税枠があります。
以上はほんの一例です。

詳しくは税理士へご相談ください!
お問合せはこちら